心拍数を意識してウォーキング

●心拍数を意識してウォーキング

心拍トレーニングというのがあるそうですが、心拍を測りながら運動の強度をコントロールしながら行うトレーニングだそうです。

当然、心拍を測るための器具がいるのですが正確に測るためには胸にトランスミッターを付けて、その値を腕時計型の心拍計で拾うことになります。

心拍数はその人の心肺機能そのものなので、この値を最適にすることで運動の強度を最適にすることができるのです。

運動強度は、安静時に心拍数と現在の心拍数を使うと数式で求められるのですがその値が心拍計で表示されます。

運動強度は、4段階に分かれて、最大強度の場合は、心配機能を高めて持久力を高めるためのものです。

次の強度は、いわゆる脂肪燃焼を加速させるためのダイエットモードともいえます。

下から2番目は、ウォーミングアップ時の強度、一番下は、お年寄り向けの強度です。

つまり、ウォーキングダイエットをする場合は、上から2番目の強度になるような心拍数を打つ運動量をこなすことになります。

だらだらウォーキングしているよりも、こういった明確な強度がある方がダイエットは効率的におこなえるはずです。

心拍計は腕時計型だけでなく、iPhoneに心拍計用のアダプタを付けて、腕にバンドで固定して使う音声案内アプリまであるそうです。

心拍計はあくまでツールですが、こういったツールが便利になると自然とやる気も起きますし継続もできます。

なるべく楽しく続けられるようにこういったツールも使ってウォーキングダイエットを続けたいところです。