はだし感覚シューズでウォーキング

●はだし感覚シューズでウォーキング

シューズの性能が上がると、足は過保護になるという話があります。

そこで、本来の人間の能力を取り戻すべく登場したのがはだし感覚シューズということです。

今のシューズの持つ当たり前の機能で必要ないモノを徹底的に省いてつくったシューズともいえます。

はだし感覚シューズでウォーキングをすると、リラックス効果、姿勢改善、基礎代謝アップなどの効能が期待できるということです。

ただのウォーキングダイエットが、はだし感覚シューズでここまで変わるならはかない手はないとも言えます。

リラックス効果というのは、足の指を動かせるためいわゆる開放感があるからです。

また、足首もふつうの靴よりは自由に動くので開放感があります。

普通の靴だとうまく使えていない筋肉もあるようで、はだし感覚シューズを履くとそういった筋肉も鍛えられることで筋力がアップして代謝能力が上がります。

裸足で歩くと、体のバランスが良くなるため、いわゆる体幹が強くなり基礎代謝が上げられるようになります。

ただ、はだし感覚シューズは見た目が、五本指ソックスと同じ感じなので見た目があまりよくありません。

そのため、スポーツジムなどの室内でのウォーキングに使うなら問題ないでしょうが、外出してのウォーキング時に使うには多少勇気がいりそうです。

ダイエットのためなら格好はいとわないと言う人は大丈夫なのかもしれません。