はだしウォーキングダイエット

●はだしウォーキングダイエット

足裏に刺激を加えると、代謝がアップしたり運動能力が上がってダイエット効果があるそうです。

普段履いている靴だと足が過保護になっているため、足裏の筋肉が十分に使えていない状態です。

はだしトレーニングとは、実際にはだしで歩く方法と、はだし感覚のシューズを履くことで体に刺激を与える方法があります。

はだし感覚シューズは、最近ではいろいろなメーカーからさまざまなコンセプトで発売されていますので選択肢も多くなりました。

はだしウィーキングは、骨盤から足を動かし、着地は土踏まずからというのが基本です。

最初は、不慣れなため足の運びがうまくいかなくて、普段歩くよりもはるかに疲れることになります。

逆に言えば、今までシューズで衝撃が吸収されていて体が怠けていたことの証明とも言えます。

着地がかかとでなく、土踏まずである理由は、腰やひざへの衝撃をさけるためです。

また、土踏まずからの着地をするとアキレス腱がきちんと働くため、体の本来の衝撃吸収機能が戻ってきます。

この土踏まずからの着地は、ウォーキングでなく走る場合はさらに重要で気をつけるポイントになります。

元々、アスリートのトレーニングとして始められたはだしトレーニングですから、ダイエット効果もかなり期待できそうです。

ただ、一般の人がやるときは無理をせずに体と相談しながら徐々にすすめるべきです。

ただ、はだしの方が体に良さそうなのは誰でも感覚的に分かりますし、ダイエット方法として、無駄な脂肪が落ちそうなのも感覚的に理解できます。