歩き方を変えるだけなら簡単太ももダイエット

歩き方を変えるだけで太ももダイエットになります。

もちろん、歩き方が悪い人にだけ有効であるのは言うまでもありません。

ただ、ほとんどの人の歩き方はあまりよくないので、歩き方を直すと太ももダイエットになりそうです。

その悪い歩き方というのは前足重心の歩き方です。

歩いているときの前足に重心がかかると太ももの前面ですべての体重をささえることになります。

そうすると、太ももの前面筋肉だけが鍛えられることになってしまいます。

そして、困ったことに太ももの前の筋肉というのは太くなりやすい筋肉なのです。

そのため、ダイエットのためにとウォーキングをしても前足体重をしたままだと太ももダイエットに限っては逆効果になりかねません。

これは走る場合のフォームでも全く同じで、ドスンドスンと前足で体重を支えながら走るとどんどんたくましい太ももになります。

逆に、後ろ足荷重にすると太ももの裏側のハムストリングやふくらはぎを使った歩き方になります。

こちらの筋肉は、太くなる筋肉ではないので太ももダイエットにとってはいいのです。

後ろ足体重で歩くというのは、後ろ足のけりを意識した歩き方とも言えます。

前足を地面についても体重をかけずに股関節を後ろにスライドさせるような歩き方です。

前に進む力は、ハムストリングとふくらはぎを使ったけりの力を使います。

歩き方は究極のクセなのでなかなか直しにくいですが、直して後ろ足で歩けるようになるとそれだけで太ももダイエットになるのです。