姿勢を支える腹横筋を普段から使ってダイエット

デスクワークなどで背中をまるめて仕事をする癖のある人は、呼吸が浅いと言われています。

これは、肺にたくさんの空気を吸い込むための横隔膜や腹横筋が縮こまってしっかり動かないからです。

そのため、猫背の人は肩で呼吸をする癖がついています。

腹横筋が普段から使われていないと姿勢を維持することが難しくなります。

よって、さらに姿勢が悪くなり、背中が丸まり、呼吸が浅くなるという悪循環になります。

体内に空気を取り込む肺は、肺の下にある横隔膜が動くことで呼吸をします。

腹横筋というのは、自前のコルセットのようなもので姿勢の維持に重要なインナーマッスルです。

もちろん、ダイエットにも重要な基礎代謝にも関係のある筋肉です。

空気を吸うと横隔膜は内臓を下に押し下げますが、その際に腹部の横の筋肉である腹横筋が伸びます。

逆に、空気をはくときは腹横筋はリラックスして縮みま、内臓は横隔膜を押し上げながら元の場所に戻るのです。

この呼吸の過程で横隔膜と腹横筋によって、内臓は上下に移動させられていることがわかります。

実は、この内臓の動きが内臓の血行をよくしたり、便秘などの改善につながるのです。

普通に深い呼吸ができていれば、ダイエットに直結する本来の人間の体のメカニズムを行うことになるのです。

これが、姿勢が健康にとって、ダイエットにとって重要といわれる所以ともいえます。

背中を丸める癖をなくすだけで、かなり深い呼吸ができると言われていますからまずは姿勢でダイエットはここからスタートですね。